中古マンションリノベーションで理想の住まいをつくる!

東京の中古マンションを
リノベーションしよう!

リノベーション後の室内イメージ

マイホームを手に入れる方法としてこれまで主流だった、「新築物件を購入する」「中古物件を購入する」という2つの方法に加えて、最近では「中古物件を購入してリノベーションする」という第3の方法が東京で注目を集めています。

中古ならではのリーズナブルな価格で、理想的な住まいを手に入れることのできるリノベーションの魅力に迫ります。

中古マンションをリノベーションする魅力!

中古より新築と考える方は多いですが、中古物件のリノベーションは、改装の自由度やコスト削減といった魅力があります。より良い物件選びが行えて、理想のマイホームを手にできるので、リノベーションは人気を集めているのです。

新築を建てるよりコストを抑えられる

新築物件を一から立てるより、既存の物件を改変していくリノベーションの方が、発生するコストが20%から30%も安く収まります。新築物件はリノベーションの必要もなく、初めから理想の物件が手に入ります。しかし、コストはリノベーションと比べると高いです。そして、新築物件の多くは、15年経過すると格段に価格が下がり、その後は景気に応じて多少の変動がある程度となってしまいます。発生コストと今後の市場価格を考えると、中古物件を購入してリノベーションを施す方が、物件の今後に繋がるのです。もちろん物件により価格は異なるので、一概に安いとは言えません。ですが、それでも新築と比べて安価であり、ローコストで理想の住まいを手に入れられ、大幅な価格変動のリスクを避けられます。

自由に設計できる

住まいに合わせて生活をして、住まいに自分が慣れていくことが、義務付けられている訳ではありません。自分が思うままに、自由な組み合わせで、住まいをカスタマイズしてもいいものなのです。内装に対して希望や好み、そして強いこだわりを持っているのであれば、そういう方こそリノベーションに挑戦してみるべきでしょう。リノベーションは難しくありません。今日着る洋服を、好みや目的に合わせて選ぶように、自分の理想を自由に表現すればいいのです。例えば、料理をもっとしやすくするために、システムキッチンを置く。リビングを広々と使いたいので、仕切りをなくす。このような形で、自身のライフスタイルに合わせて、マンションはリノベーションによって自由にカスタマイズが可能です。

物件・エリアの選択肢が増える

住みたいエリアや内装にこだわるほど、理想の新築物件に巡り合えず、最終的に妥協した物件にする方は多いようです。しかし、リノベーションの実施を前提にして物件を選べば、妥協のない理想の住まい探しが可能。自分の条件と合致しない物件だった場合も、リノベーションを行えば、自分の理想としている物件が出来上がります。探しても存在しないのであれば、自分で作り上げてしまえばいいのです。限られた作りになっている新築物件に絞るよりは、リノベーションの実施を前提とした中古物件も視野に入れましょう。そうすれば、自分の中で定めている条件があったとしても、物件やエリアの選択肢は増えるのです。人生の大きな買い物であるマイホームだからこそ、妥協はしたくないもの。リノベーションは妥協回避策でもあります。

条件で選ぶ!
東京のマンションリノベーション会社

人気の高まりを受けて、リノベーションを手がける会社は増加傾向にあります。

東京都内だけでも数多く存在するリノベーション会社のなかから最適な1社を選ぶための条件は、「デザイン性」「性能&住みやすさ」「実績」の3点がポイント。

これらの条件に照らし合わせながら、自分の希望にぴったりのリノベーション会社を見つけてください。

デザイン性で選ぶ
デザイン3選を見る
性能&住みやすさで選ぶ
性能3選を見る
実績で選ぶ
実績3選を見る
エリアで選ぶ
エリアおすすめを見る

自然素材を使った
マンションリフォームが
注目されているのはナゼ?

大自然のイメージ

今人気のリノベーション。そのなかでも最近は特に「自然素材を使ったマンションリフォーム」に大きな注目が集まっています。

その理由は、自然素材ならではのメリット(快適性、健康・安全、エコ、デザイン性など)に、多くの人たちが魅力を感じているからにほかなりません。自然素材を使ったマンションリフォームの実態とは?

自然素材をあしらったマンションリフォームの魅力を詳しく

自然素材のメリット
シックハウス症候群などの心配がなく体に優しい点、環境にもお財布にもエコである点、そして何より住み心地が良い点が、自然素材の魅力です。
詳しく見る
自然素材を使った
マンションが少ない理由
健康的で温かみのある、自然素材を使った中古マンションリフォーム事例が増加中!一方、新築で自然素材が使われるケースは少ない状況です。その理由は・・・?
詳しく見る
自然素材を使った
マンション事例
自然素材を使ったリノベーションは、通常のリノベーション以上に、住む人のライフスタイルを豊かなものにしてくれます。素敵な事例をいくつかご紹介します。
詳しく見る

マンションリノベーションの費用

多くの方がリノベーションを考えた際に、気になるのは費用でしょう。物件購入やリノベーション工事以外にも、引っ越し費用や管理費そして税金と、様々な費用が発生します。その中でも大きい額を占めるのは、リノベーション工事です。

もちろん一概に費用が高い訳ではなく、どのような内容でリノベーションを行うかにより費用は変動します。あらかじめ予算を決めているのであれば、予算内で可能な工事を確認しておくべきです。費用は平米単価で計算をすると、おおよその額の確認が可能。相場は1平米14万~15万です。それ以上の値段となると、少々高額と言えるでしょう。例えば、30平米で施工費用が450万の場合、1平米あたり15万です。しかし、平米が小さい物件ほど単価が高くなる傾向にあり、80平米の方が平米単価は安く、施工費用も安い場合があります。また、リノベーションの内容により、予想を上回る費用が発生することも。予算オーバーとなる場合でも、リノベーション会社に相談をし、予算内で可能な限りのリノベーションを行えばいいのです。

当然ながら、施工費用にプラスして様々な費用が加算されますので、もしかすると費用面でトラブルが発生するかもしれません。しかし、事前にリノベーション会社に相談をしながら、着々とリノベーションを進めていきましょう。どこを抑えるべきか、抑えずに進めるべきか、後悔しないマイホームを手に入れるために、費用と向き合ってくださいね。


知っておきたい
マンションリノベーション4つのポイント

三角スケール

「今回が初めてのマンションリノベーション」という方も多いはず。そこでリノベーション初心者の方が事前に知っておくべき基礎知識を紹介。

「中古購入&リノベーションのメリット」「物件探しから入居までの流れ」「新築と中古購入&リノベーションの違い」「リノベーション会社選び」という4つのポイントについてまとめてみました。

ぜひとも押さえておきましょう!

徹底比較!新築物件VS中古物件+リノベーション

新築物件VS中古物件+リノベーション

理想的なマイホームを手に入れるための方法として最強なのは、新築か、それとも中古物件+リノベーションか?

マイホームの購入は人生最大の買い物であるだけに、絶対に失敗・後悔したくありません。

そこで、「費用」「設備」「探し方」「口コミ」などさまざまな観点から、新築と中古物件+リノベーション双方の実力を徹底比較してみました。

詳しく見る

中古&リノベーションのメリット

日本では中古より新築物件の人気が相変わらず高いです。しかし、最近は中古マンションをリノベーションして、快適に住んでいる方が増えてきています。

そんな今だからこそ、中古物件とリノベーションのメリットを再確認してみましょう。
新築と比較しとにかくリーズナブル。物件は見つけやすく、見学もじっくりできる点などがメリットです。そしてリノベーションを行えば、自分のこだわりを最大限に生かした改装が可能で、中古を新築同様にできます。

詳しく見る

物件探しから入居までの流れ

リノベーション物件を探す際は、条件やイメージを固める必要があります。それをスムーズに行うためにも、まずはリノベーション会社を探しておくといいでしょう。

先にリノベーション会社を決めておけば、担当者からアドバイスやサポートを受けられます。そのため効率も良く、わずか2週間程で物件探しが終わる場合も。事前に知識がない状態で、住まい探しを進めるよりも、具体的にそして安心してマイホームが手に入れられるのです。物件探しの流れから、リノベーション完了後の入居までの流れをご紹介します。

詳しく見る

会社選びのポイント

良いマイホーム作りには、自分たちにとって良い会社を選ぶところから始まります。選ぶ際は、費用や評判のみならず、その会社の経験や実績も見るべきです。

ハウスメーカーやリフォーム会社が、リノベーション施工を行います。リノベーション施工経験が豊富か、どれほどの物件を手掛けたのか、これに注目するだけでも良質な会社を選びやすくなるのです。そして、費用に関すること、アフターケアについても確認をしましょう。ただ安いから、評判が良いからと、会社選びを行うのではなく、確認をして判断するようにしてくださいね。

詳しく見る


マンションリノベーションが得意な
東京の建築会社リスト

一口に「リノベーション会社」と言っても、その実態や実力はさまざまです。

そこで数あるリノベーション会社のなかから、マンションリノベーションを得意とする東京の建築会社をリストアップしてみました。

三井のリフォーム
三井不動産傘下の、業界最大手のリフォーム・リノベーション会社。
詳しく見る
エコデコ
「中古物件+リノベーション」サービスのパイオニア的存在。
詳しく見る
リブラン
自然素材を活用したリノベーションにより、優しい住まいづくりを提案。
詳しく見る
リノ
素材の古さと良さを大切にした、シンプルなリノベーションにこだわる。
詳しく見る
D-LINE
目指すのは高級感。高品質でバランスの良いリノベーションを追求。
詳しく見る
新築そっくりさん
住友不動産が手がける、人気のリフォーム・リノベーションブランド。
詳しく見る
秀建
多彩なプランナーが、既成にとらわれない豊富なアイディアでサポート。
詳しく見る
nuリノベーション
物件探しからワンストップでリノベーションサービスを提供。
詳しく見る
リノベる
選ぶのも楽ちん!セミオーダー式のリノベーションサービスを展開。
詳しく見る
インテリックス
中古マンション再生流通会社が手がけるリノベーションサービス。
詳しく見る

施工会社リストを見る


そもそもリノベーションと
リフォームって何が違うの?

「リフォーム」「リノベーション」という2つの言葉を比べたときに、より一般的なのはリフォームの方かと思います。そもそもリフォームというのは和製英語(英語では通常「リモデル」と言います)なのですが、住居や居室を改装するという意味の言葉として広く用いられています。

そしてリノベーションというのは、リフォーム(改装)のなかの一形態だと理解していただければ良いと思います。今、「リフォームのなかの一形態」だと述べましたが、リフォームには、リノベーションのほかにもいくつかの形態・種類があります。

改装の程度が軽いものから順にご紹介すると、まずはリペア。これはその名のとおり、修理・修繕を意味します。たとえば壊れた個所を修理する、あるいは不具合のある個所を補修するなどが、リペアに該当します。

次にリフレッシュ。こちらはリペアと比べるともう少し大がかりで、設備機器の取り換え、床やクロスの張り替えなどが、リフレッシュの具体的な内容となります。

3つめはコンバージョンで、これは店舗を住居にするなど、用途や目的を変更するために行う改装のこと。表面的な改装にとどまらず、コンバージョンでは全体的な改装が行われます。

それでは、本題のリノベーションとはどのような改装なのか。

コンバージョン同様にリノベーションにおいても、骨組みだけを残して内装や設備を一新するなど大がかりな作業を伴うのですが、コンバージョンが用途や目的を変更するために行う改装だとすれば、リノベーションは性能・価値を高めるために行う改装だと言うことができます。